黒猫鉄火面2022:鳩山や小泉をどう殺すか?(外患罪とテロ準備共謀罪で死刑、地獄刑罰で無限虐殺)/「亡国平成プロ知識人死亡集」「異常裁判官処刑審問」編


 

数珠つなぎ絞首。鳩山由紀夫、またしても地獄で虐殺される

 
前書き
(備考)
いわゆる護国闘争問題について。
一般的な最新情報についてはまとめサイト「保守速報」「もえるあじあ」などをご覧ください。YouTubeで「あべ晋三チャンネル」なんてのもありますが、コメント欄に工作されている節がある? 愛国派地方議員の「小坪しんや」ブログなんてのもあるみたいですね。
十年近くずっと肝心の要になっている「余命三年時事日記」案件でも動きがあったようです。ウェブで「余命三年時事日記ミラーサイト」で検索すれば、移転再開前の過去記事も閲覧できます。 

 
暇で思いついた黒猫鉄火面。またしても地獄で鳩山由紀夫と一味に面白半分の虐殺を開始する。暗黒の川に沈めてあったのを引っ張り出し、色が変色してブルブル震えてブツブツ言っているのを蹴り飛ばす。
それから手始めにやらかしたウォーミングアップが、以下の通り。


1フルマラソンさせる。水は与えず、靴に画鋲と釘を入れる。力尽きて死んでもその場で復活し、電気鞭で追い立てて完走させる。

2遠泳させる。巨大ザメやダイオウイカに襲われる。毎回死ぬまでに泳いだ距離を合計し、ノルマ達成するまでやらせる。

3衰えた筋力のために、ウェイトトレーニングさせる。関節は逆に曲がり、身体ごと押し潰される。

4健康法の瀉血のために、口と肛門にヒルを詰め込んで全身にたからせて悶絶死させる。パンパンのなるまで血を吸ったヒルを、あとで煮て、ご飯のように喰わせる。

5サウナ風に蒸気で蒸し燻す。隠し味のスモークチップに大麻の葉っぱも混ぜて、狂乱して仲間同士で乱交・共食いする。元気になって良かったね。
前もやった快楽処刑で、受刑者への特別サービス。

6「きしめん」のように引き伸ばして、細く切り刻む。地獄の刑罰なのでなかなか死ねず、最後まで意識がある。

7数珠つなぎ絞首。首に絞首縄で数珠つなぎにして、先頭から崖に突き落とす。耐えようとしても、重さで首が絞まるため、力尽きて次々と転落死する。

8身体中に穴をあけて花火を詰め込んで、点火する。燃え尽きる前にガソリンをぶっかけて炎上死させる。

9パン生地に挟んで、オーブン。巨人の昼食。

10ナイフを投げ与える。「死んで苦痛を逃れよう」と自殺するが、既に地獄なので死ねない(死んでも生き返る)。「やっぱり」と落胆・絶望・発狂する。 

 

(参考付録)「余命三年時事日記(ミラーサイト)」の一部記事リンク/付・トルコとクルド人の最新事情?

「余命三年時事日記」を知らない人に。余命ミラーサイトでの紹介リンクから、比較的に新しいまとめ・代表的な記事を幾つか。事のあらましはわかるはず。


490 外患誘致罪とテロ等準備罪
https://quasi-stellar.appspot.com/articles/53/WX53dd604a.html

434 反日、反社会裁判官
https://quasi-stellar.appspot.com/articles/37/WX374573cb.html

412 在日外国人の帰化について
https://quasi-stellar.appspot.com/articles/16/WX16072af9.html

407 余命官邸メール外患罪
https://quasi-stellar.appspot.com/articles/4d/WX4da7d1ab.html 
 

 
後書き
そういえば、最近の余命の記事で出ていた話。
イスラム過激派が共産グローバルとつながっていることは何年も前には指摘されていて、最近にイスラム過激派と中国共産党の会談したニュースもあったはず。
日本で亡命申請しているトルコのクルド人も怪しいそうで(特定左翼が援護している時点でお察し)、現在のトルコでは特に迫害されていないらしい(Twitterでもエルドアン大統領がクルド人地区を見舞っていたはず)。どうやら、クルド人だからではなく「過激派テロ組織の構成員だから」追われて逃げているだけらしい?です。 

 

ハトヤマ・ザ・サバイバー

1迷宮のような下水道で、野生化したワニに襲われながら脱出ゲームさせる。クリアできるまでやらせる。

2台湾で高砂族の猟師・山岳兵から狩られる。人間だが山岳戦闘と狩猟のプロであり、鳩山やパヨクのチンピラではシュワルツェネッガーがプレデターと戦うより難易度が高いため、まず勝算はない。獲物として首狩りされ「えいえいおー!」される。

3雪山で雪男イエティと死の追いかけっこさせる。

4タイムマシンで、トルコのイエニチェリ軍団と軍事演習で会戦させる。本当に勇猛かつ凶暴なイエニチェリに勝てるはずがなく皆殺しにされる。

5タイムマシンで戦国時代に連れていき、加藤清正や宮本武蔵とタイマン勝負させる。鳩山や在日左翼チンピラごときでは(略)

6タイムマシンで匈奴やジンギスカンの騎馬軍団と戦わせる。喧嘩に強いだけでなく残忍なので(略)

7宇宙船で漂流させる。全滅する。

8ジョーズのいる海水浴場でバカンスさせる。たとえ満潮になっても、砂浜から逃げることは許されない。

9祖国の韓国軍と北朝鮮軍に任意で分かれて加勢させ、好きなだけ内戦する。

10過酷なサバイバルもののゲームソフトの世界で、主人公させる。クリアできるまで死にまくる。 

 

新たなる拷問

1ガスコンロ座らせて点火して、火傷や敗血症で死ぬまで尻と急所を炙り続ける。

2超小型の硫酸爆弾を飲み込ませ、自分でナイフで開腹手術で取り出させる。

3手足の関節を外して、糸で操ってマリオットにする。演じる喜劇のタイトルは「死ぬほど辛い日」。

4重油と火薬を数リットル飲ませて、口に灯芯を咥えさせて火をつける。引火したら爆発だ。

5縛り上げて、ピラミッドの天辺から転がし落とす。

6狭い場所で低周波音を流して、ストレスとノイローゼで衰弱死させる。

7皮膚の下に金平糖のようなトゲトゲの菱を数十個くらい埋め込んで、過激な肉体労働でモアイ像の建立。

8尻にロケットを受め込んで、月までぶっ飛ばす。

9数十匹の猫から、ザラザラした舌で舐め殺される。

10幽霊海賊船に乗せて、狂い死にさせる。 

 

メディカルに惨殺する

1骨の髄に針金を通す。苦痛に耐えきれず、途中で狂ったように頭を石壁にガンガンぶつけて死んでしまった。最初からやり直し!

2金玉に針を刺す。悶絶し青ざめてショック死する。

3免疫抑制剤を限界以上に注射する。カビだらけになって死んでしまった。

4メタンガスで「臭い」やり方で悶死させる。

5死体安置所で身動きさせず餓死させる。

6向精神薬の乱用で発狂死させる。

7歯を全部希塩酸で溶かして苦痛でショック死。

8ヘソに植物を植えて、内蔵に根をはったのを引っこ抜く。

9有刺鉄線で撒いて電気ショックを繰り返す。

10コールドスリープで、人類滅亡後の世界に送り込む。 

 

マスゴミなどの効率的な大量処刑

マスゴミやパヨク・シンパなどは人数が多すぎるので、効率的な大量処刑の工夫がいる。


1周りに陸がない大洋の真ん中で海に捨てる。手足を縛り上げたり、切り落とす。

2火山の有毒ガス地帯に銃剣と射撃で追い立てる。

3湿地帯の底無し沼に(略)

4各国の軍隊で射撃訓練の的にする。

5荒れ地でナパーム焼夷弾で焼き尽くす。

6核兵器実験で近距離被爆させる。

7北極南極やサハラ砂漠に放置して共食いさせる。

8中国で人肉料理(暗黒伝統)の材料にする。

9鋼鉄の電気ベンチで感電させる。

10新鮮なコロナで全員病死させる。 

 

調理的に虐殺する、マンネリ・スタンダードの復習

 
前書き
なんだか「デスノート」(昔の漫画)で、死神に「そこまで徹底的にやった奴はお前が初めてだ」とか、呆れられていたのを思い出しました(笑)。 

 
黒猫鉄火面はノリノリである。残虐行為でマタタビのように酔っている。しかも相手が鳩山やパヨクだもの。

「鳩山を殺す。酷たらしく殺す。死刑!」

 焼いたり切り刻むのはマンネリ・スタンダードの気味があるが、今回は過去の復習も兼ねて調理的に虐殺。


1素直に塩焼きにする。生きたままビッグな串に刺して残酷焼き。

2ストマッククロー(牛頭羅刹)で内蔵を掴み出してモツ煮にする。

3醤油や糠で漬け殺す。竹筒で息だけできる。

4開いてみりん干しにする。地獄なので死ねない。

5目刺しにして干す。

6煮殺してカレーやシチューにする。

7内蔵を抜いて賞味期限切れの雑穀を詰めて蒸し殺す。

8頭蓋骨を切り取って、脳みそをプリンのように食べる。頭蓋骨は杯にして回し飲みし、本人にも飲ませる。

9オリーブ油と調味料をかけながら、遠火でジワジワ焼く。

10巨人に躍り食いされ、生きたまま噛み潰され消化される。地獄なので排泄されるまで意識がある。 

 

健康法のように殺す/中休みサービス?

鳩山君にミンス(民主党)のみんな。蓮舫や枝野も、共産党員や社民党、維新・公明・自民党からも。


1頭にビニール袋をかぶせて、大根(だいこん、野菜)で殴り続けて殺す。大根が折れ砕ける度に、焼きごてで気合いを入れてやる。

2寝かせておいて、希硫酸をポタポタ垂らして、ゆっくりと焼きとかして殺す。お灸もすえてやる。

3口にロケット花火を押し込んで、ほとばしる炎を食べさせる。死ぬまで何本も。

4ぶら下がり健康器具で、重量アップ。手首を釘で打ちつけて針金で巻いて補強し、磔刑をオマージュして賛美歌やクリスマスソングを流す。重量をドンドンアップして細長く引き延ばして殺す。

5(中休みのサービス)生サバの刺身や失敗したふぐ料理を食べさせる。地獄の苦しみにのたうち回るが、救いの一切ないリアル地獄では、精神救済の一時であった。

6(中休みのサービス)トリカブトや毒人参のような有毒植物で、ミキサーでミックスジュースを作って、自由に飲ませる。地獄の日常の刑罰虐待が悲惨過ぎるので、むしろ笑って楽しみながら死んでいく。

7(中休みのサービス)好きなガスを選んで、ガス室。一方的に問答無用でなく「選択の自由」が与えられた配慮に「人間として扱われた」ことに感謝して、喜びと感動のあまり号泣する。

8巨大ロードローラーで轢き潰して殺す。「あんまり苦しくなさそう」と、割合に好評であった。これまでの刑罰虐殺が悲惨すぎて感覚基準が違う。

9末期ガンでの臨終体験させる。苦しみながらも、ちゃんと病院のベッドで看護されながら死ねる「人間的で心温まる時間」で、感涙に咽び泣く。
鳩山や小泉が手を合わせて「ありがとうございますありがとうございます」と感謝して絶命するのは(嘘発見器では本音らしい)、「こいつら人間が変わっちゃった」と地獄の獄吏一同が拍手した。

10(ご褒美)生前の好きな相手と「快楽処刑」で、麻薬の煙でいぶして狂い死にさせる。錯乱した相手から食い千切られながらも、再会させてもらった喜びのあまり涙が止まらない。「まんせー! ビバ地獄!」などと絶叫してしまうほどの歓喜だったらしい。良かったね。 

 

初心に返れど、慣れすぎて

あまりにも悲惨な地獄刑罰に遭いすぎて、反応が今一つ薄い鳩山たち。ひたすらに無気力と諦観で悟りの境地。

1斬首刑
 「そーなんですかー。ピースピース」

2切腹強制
 「痛いですよねー。えいー」

3焼き殺し
 「うわっちちち」

4穴埋め
 「苦しいっす、うふふ」

5溺死
 「あが、ゴボボ!」

6墜落死
 「いやっほー!」

7砂漠の天日で乾し殺し
 「グーグー(居眠り)」

8車裂き
 「あいててて、うーわ」

9茹で殺し
 「アチアチアチ」

10凌遅刑
 「痛い。でも寝る! 夜食には起こしてくれ」

 とりあえず、ペンチで金玉を潰して反省させた。
 女には使えない手であるため、肥溜めに突き落とす。不公平云々と言うので、鳩山などの男性陣も上から突き落とし、水面と酸素の奪い合いで修羅場になった。 

 

新たなる可能性

1遺伝子改変ウィルスで人口進化させる

2不眠不休のハード千日行で悟りを垣間見る

3タイムマシンで人類滅亡後の世界

4未知との遭遇で凶悪宇宙モンスターに殺される

5地下の洞窟世界で地底人と戦争させる

6宇宙衛星で極限サバイバルさせる

7全身に釘を刺して「鳩山危機千発」

8北朝鮮の労働キャンプや中国の大躍進に参加

9世界の過激派・犯罪組織とバトルロワイヤル

10生前の普通の日常を数日体験させ、心理不安で発狂 

 

初心に返って、懐かしい?

1牛頭羅刹から「よー、元気か?」とラリアット一発で頭を吹っ飛ばされる。即死で苦しみが少なく、「あっさりって良いよね」などと苦笑いしていた。

2馬頭羅刹から「久しぶり!」とみぞおちを蹄キックで蹴り込まれ、内臓破裂と骨折でのたうちまわって苦悶死する。涙目で「牛頭はもっと優しかったぞ!」と抗議して、追加で手足を踏み折られる。

3羅刹女から、局部を加熱したフライパンで焼き潰される。脂汗で泡を吹いて気絶しながら、マゾヒズムの快感ニヤリと笑っていた。

4鬼面看護婦から特製ブレンド毒薬を注射される。
なお、番外編扱いで余所で掲載された自分の活躍のデータがアカウント抹殺・消失したことで不機嫌。

5黒犬ヘル急便(地獄の使者の黒レトリバー)とチャウチャウさん(中国犬の妖怪)から、犬同士の遊びの玩具にされて噛み引き裂かれる。

6東条英機(地獄二丁目の組長)から、「試練の切腹百回」を命ぜられる。介錯が上手いことだけがせめてもの救いだった。

7浄土ヶ浜の日本の英霊たちから、射撃や砲撃の的にされる。

8地獄の亡者たちから、ゾンビ映画のように無残に食い散らされる。晩餐会の餌食。

9賽の河原の農業教室・児童芋畑で、昭和天皇から「子供の教育に悪い。うちの公民ではない」と本気で厭がられ、その友人の地蔵菩薩から便所裏で、石の拳で殴り殺される。

10マッカーサー元帥から飛行機で「黒猫鉄火面」を投下される。お互いの正確な名前が発音しづらい・覚えられないので、「松川さん」「トム」と呼び合っている。
いかにコーンパイプでマタタビ煙草をくゆらせ、サングラスで降り立たれても、そいつが「黒猫鉄火面」という時点でナチスの虐殺刑務官やソビエト秘密警察の拷問者と大差がない(もっと酷い?)。新しい地獄の日々始まりに恐怖・絶望しているところを、上空を旋回しつつサービスの機銃掃射で蜂の巣に射殺される。 

 

(外伝)亡国平成外道祭文、発狂カルト鳩山正教

チャカポコ、チャカポコ、
ぼーこくへーせーげどーさいもんー

この30年にわたり、虚言の結界と無責任・背信行為の雨あられ、本当にありがとうございます。
まことに感謝、感激に耐えません。
嘘とプロパガンダでずいぶんやらかしてくれた、マスコミと偉い先生方にありがとうございます。
我ら劣等ジャップは謙虚な痴呆で、羊・豚のような家畜やジャガイモのごとき農作物であることが美徳。戦後70年をかけて練磨した「美しい土下座」を貫き通す。

サリン撒かれようがコロナ撒かれようが「仕方がない」。
日本内部を滅茶苦茶にした小泉や鳩山には「奇跡の聖人」として、手を合わせて拝まなければいけない。
一世代を丸ごと売り飛ばし少子高齢化で「仕方がない」。
安易に外人労働を輸入して、日本でなくなります。
靖国や平和祈念像に核爆弾を落とされても、沖縄や北海道や本州がウイグル・チベットのようになっても、「仕方がない」。
謙虚にならなくてはいけない。
子供や孫が奴隷や食肉にされても、自分が革を剥がれても仕方がない。
ちゃんと分際を弁えて日本的な曖昧な笑顔であります。
ありがとうございます、ありがとうございます。
感謝感激に耐えません。

ただ、「痴呆と排便」をあくまで貫徹するのみ。
この十年の「最後の宿便」には、驚きと感激。
ありがとうございます。ありがとうございます。

(精神病院の独り言。日本は既に精神病院です) 
 

 
後書き
(注)阿呆陀羅経の一種。元ネタはタイトルと冒頭で「わかる人にはわかる」。

なんだか潜水艦ごっこしていたら万事「圧壊」っぽい(笑) 

 

亡国平成インテリ・プロフェッショナルの死亡集

パヨク・無責任なインテリ(知識人)・プロフェッショナルの死亡集。
虚言・偏向報道と隠蔽のマスコミだけでなく、「余命三年時事日記」で指摘・告発・係争されているような重要問題がひたすら黙殺(五年から十年?)されている時点で、大学の先生(公職、学費と税金で生活)とかが、どういう人たちか明白。あからさまな共産左翼でこそなくとも、どうせ偽装保守ビジネスや日和・無責任ラッシュだろう(八割くらい死亡アウトでは? 水際戦術族はまだかわいい部類?)。


1ある日、共謀罪で道端に引きずり出されて無事に射殺される。掃除用具箱やゴミ収集箱、トイレ個室の便器と壁の隙間に隠れていたところを見つかって殺される。

2学生たちから見捨てられて、大学倒産・リストラで首を吊る。定年退官で逃げ切りを図るも、資産凍結や公的な損害賠償請求などで破滅する。

3急に格好だけ愛国者への偽装・アピールで保身を図るも、これまでの言動と「これまでダンマリで何してた?」の指摘で、無事に死亡する。

4「みんな(同業者)そうだったので~」と日本人流の弁明に終始するも、一定数の愛国派レジスタンス(余命プロジェクトや一部の各方面の自発闘争組)がいる時点で、名誉も信用も崩壊する。

5授業中に学生たちから批判やブーイングされ、「単位をやらない」などと逆ギレして、あるいは半泣きで窓から飛び降りる。教卓で公開脱糞して、熱く学問を騙りながらウンコ投げで応戦する。

6プロ知識層全般が、偽装保守愛国ビジネスとノンポリ偽装のパヨク・シンパだった実態が暴露される。一部の愛国派の水際戦術族を除いて軒並みに死亡する。

7全力で居直って鉄壁の厚顔無恥を貫くも、バカにされて学生も読者もいなくなる。文系の大学院や中堅以下の学校などは壊滅状態に陥るだろう。マスコミ武力殲滅だけでなく出版やエンタテインメント業界も半壊か。

8延々と誤情報とプロパガンダを垂れ流して、中国・韓国・北朝鮮の惨状もダンマリして情報隠蔽してきたために、最後は左翼の下級構成員や在日コリアンから問責リンチされて刺される。

9強制送還ラッシュと逮捕・銃殺が続出で最悪は階級殲滅に似た事態にまでなる。ロシアやコンゴに亡命するも、それで助かるかは疑わしい。

10集団的な背信とサボタージュで「痴呆の平和を保守」しながら、次世代の売国奴と痴呆エリートを育成し続けるも、最後は丸ごとアウトでノアの大洪水。 
 

 
後書き
なお、筆者は護国闘争従軍の粗品で「警察病院精神科」の割引・通院パスポートでも貰える可能性がある(むしろ収監されてそう?www)。 

 

亡国平成インテリ・プロフェッショナルの死亡集2

1大学校舎や自社ビルの屋上から飛び降り。または教室で首を吊っていたり、著作の後書きにハングル文字の怨恨遺書。

2中国に亡命して、怒り狂った民衆から八つ裂き。怒りの表現として人肉料理にされて食される。

3テレビの生放送で太極旗の鉢巻きで、北朝鮮や中国の軍歌や国歌を歌いながら玉砕する。

4破れかぶれの左翼・反日暴徒と騒ぎ暴れて射殺される。または逃げようとして、半強制的に巻き添え。警察は助けない。

5「今の法律・刑法ではどうせ裁けない」と集団的サボタージュと規律ある黙殺で「呆呆(ぽっぽ)!」と無事に踊り続ける。しかし共謀罪・外患罪で資産凍結・強制送還に連座して、最後は戦時国際法で武力殲滅される。

6「囚人のジレンマ」に陥り、お互いに自分(たち)だけ助かろうと、仲間同士で熾烈な密告合戦で修羅場。終盤には自分たちの仲間同士で破れかぶれの殺傷事件が続出。

7在日コリアン・中国人の一般ピープルの集団移住・帰国に金魚のフンのようについていくが、現在の破滅を招いた元凶であるため、激しい差別と虐待にあう。

8シンプルに斬首や切腹。靖国神社などの前に晒し首の行列で日替わりに展示されて、ドイツ人の職人に加工されて国賊記念館に剥製で永久に晒し者。

9不安と恐怖、周囲の一般ピープル(の主に日本人)からの白眼視に耐えきれず、ストレスで脳溢血や心臓麻痺で死亡する。厚顔無恥を極めた「鳩山道」の会得者だけが無事だが、そういう人間はたいてい余罪があるので(略)。

10「バカなんですよー、仕方がなかったんですよー」とお笑い(笑われ)芸人になって逃走する。しかしそれで助かる可能性があるのは、小林パチノリ(部分的に過去の功績、元からそういう人間)くらいのものか。あとは仮面ライダーの役者とかごく若い女の子アイドルの在日コリアンが「そこまで悪意はなかった」で減刑・助命とか。


ついでに靖国神社や各地神宮で「力及ばず!」と号泣懺悔する(日本人の愛国派側)水際戦術族も続出だろうか(安倍や麻生とか参拝・お祓いして貰ってそうw)。 
 

 
後書き
私はどちらかと言えば(反日や暴力団・犯罪者ではないものの)ろくでもない部類の人間なので、結末は「鳩山道」でしょうな。ああいう腐りきり舐めきった心構えや処世・作法を見習いたい(およそ20年も卑怯卑劣で無茶苦茶やりまくって、それを誰もどうすることも出来なかったw 「芸者殺し」小泉元首相も、やはり逸材で「朝鮮的な居直り」「犯罪者の覚悟」で押し通したw)。
もはや最近では鳩山に、怒りを通り越して逆に尊敬している?(あそこまで卑劣と厚顔無恥を貫いた人間は逆に珍しい。あいつは邪神の使徒w しかし民主党や共産党など全般はダメ、「第一位・第一級クラス」の鳩山などだけ珍獣として国賊記念館で飼育して貰えるだけw) 

 

亡国平成インテリ・プロフェッショナルの死亡集3「反省」

あまりにも全般的にアレだったので、あからさまに有罪(死刑以外ないw)な奴ら以外でも、ジャンケンやクジ引きで三人なり十人に一人くらい「代表処刑」でも良いかも(執行はお仲間のハズレクジで生存組)。
もちろん、「みんなで」平等に制裁される手法もある。
なお、それら亡国平成プロ・インテリの大規模リストラ粛清や名誉・公民権の剥奪や資産接収については「別枠かつ平等」で全員被弾くらいになるが宜しい(冷笑)。


1大きな深い穴に埋める。クジに当たった奴が埋められ、ハズレ組は穴掘りと埋める担当。

2手足や首・胴体をノコギリで引く。

3中国風に煮殺してみんなで死体を食べる。骨も砕いて内蔵の中身の汚物や煮汁も残すなよ。

4代表をチョーカー絞首して同僚のみんなで死ぬまで見守る(濡らした革紐は乾くにつれてゆっくりと)。死体を剥製にして、あるいは頭蓋骨を大学構内などに飾る。

5ヘロドトス(歴史)のペルシャの不正裁判官の見せしめのように、刑死した前任者の皮を剥いで、後継者や同僚たちの椅子に貼りつける。

6片端から鼻削ぎ・耳削ぎや入れ墨・焼き印する。

7猛獣の餌にして、撮影した動画を毎年の学園祭で流し、学生たちから笑いものにされる。

8日替わりで校舎(裁判所や出版社とかも?)の前で、首から「学問猿・反省中」とプラカードをぶら下げて、全裸で立たせておく。
毎日交代で、毎年に一回は当番が回ってくる。ずっと死ぬまでやらせておく。

9学生たちから小突き回され、中退者が続出で経営破綻する。保護者たちから損害賠償請求され、愛国団体からも同様の告発で吊しあげ、身ぐるみを剥がされる。(一番ありそうなパターン)

10自発的に恥じて首吊り・飛び降りや切腹で潔く自決する。(重罪・有罪で確実の奴以外ではめったになさそうなパターン)


いわゆる「反省だけなら猿でも出来る」のだから、「学問(言論・文化)猿」の諸君に出来ないわけがない。私は彼らを信じている(これ以上失望させないで欲しい)。みんなで無理やりでも「介錯」してくれるだろうよ。
それからマスコミや政治屋はもうちょっと酷い。全体の七・八割くらいは殺されて仕方がないかもしれない。テロリストや組織犯罪に準じた「処理」で妥当。 

 

亡国平成インテリ・プロフェッショナルの死亡集4「集団自殺」

今回は彼らが集団自殺する場合の可能性と選択肢も含めて検討してみよう。


1火山の噴火口にみんなで身投げして冥府に逃走する。

2大学経営危機やリストラの腹いせに、大学構内などで一斉に自殺したり、各種の凶行に及ぶ。

3逮捕や粛清の恐怖で精神異常になって(または装って)逃れようとするも、失職や資産接収されて死亡。

4家族や孫まで含めて周囲から白眼視され、一家心中に追い込まれたり、離婚されたり子や孫から刺される。

5大海原で集団入水自殺する。マルクス浄土やジョンイル桃源郷を信じて泣き叫びながら沈み、溺死する。

6コアなシンパは異常左翼・在日などの凶悪分子から、口封じに「友愛」(暗殺・虐殺)される。一家皆殺し?

7リストラ粛清されて発狂したお仲間・同僚から恨みで刺されたり、凶行される。

8連帯責任を恐れた(または怒った)弟子や教え子たちなどから「即身成仏を強要」される。

9頭から灯油やガソリンをかぶって火をつけて飛び跳ねながら、あるいは切腹ごっこや靖国神社に土下座参拝して、懸命に自己弁護・格好だけ反省する。
しかし「余命三年時事日記」が五年十年黙殺された後では、バカにされるだけで信じて貰えない。

10政治屋やヤクザなどと結びついて保身を図ろうとして(愛国派を弾圧・封殺しようとして)、かえって共謀罪で有罪になる。 

 

亡国平成インテリ・プロフェッショナルの死亡集5「自己弁明」

1焼けた鉄板の上で踊り飛び跳ねながら、「学問とは~」「人道主義・正義とは~」と熱く騙る。嘲り笑う聴衆に投げつけられた生卵が目玉焼きになる。

2コンゴやシベリアからYouTubeの生中継や動画で、日本を誹謗中傷し続ける。視聴者たちは「こんなにたくさんいたんだ、これだけでも氷山一角で百倍はいる」と納得する。

3虚言マスコミや特定反日野党のように、施設や建物に立て籠もって包囲殲滅されて玉砕する。

4情報封鎖や箝口令などの情報操作・裏工作ネットワークの主要構成員を、自発的に大学や出版社などの前で生き晒しにして官憲に引き渡す。お互いに責任の押し付けあいで地獄絵図、有罪や生贄が刃物を振り回したり、毒殺・放火などで同僚が死傷しまくる。

5あくまでも「知らん顔、ぽっぽー」「仕方がないんですよ、仕方がなかったんですよー」と冷たい脂汗を滲ませながらこわばった作り笑顔で全力で逃げ切り狙い(一番ありそうな可能性)。しかしいつ「引火・類焼」になってもおかしくない(対談や授業中に聴衆・学生などに素朴に指摘されて発狂してそう)。

6即身成仏のセルフ生中継する。地下室に埋められて衰弱死していきながら、YouTubeに怨嗟を呟き叫ぶ。

7大学院生などから、純粋に怒りと恨みで刺される。多額の学費を支払い生活費もかかるから、「全部「学問・言論」を称する詐欺だった」では恨まれて当たり前。

8社会的地位の崩壊と裏事情の暴露で、ビジネス右翼やチーマーに狩られ、暴行や恐喝されるようになる。低偏差値校や体育会系・危ない系の生徒に突き飛ばされて階段から転げ落ちる。卒業生たちからも失笑される。

9もし人民解放軍や韓国軍が沖縄・対馬に上陸した場合、「(日本破壊の)功労者」面して被占領エリアに逃げ込むが、用済みなので虐殺される。

10戦争・騒乱などの被害で怒った一般ピープル日本人たちから、問責されて吊しあげ・袋叩きやリンチされる。 
 

 
後書き
あるいは筆者(私)を指さして、非難囂々の誹謗中傷・人格攻撃して「あのような屑・愚か者の言うことなど真に受けてはいけない」と大合唱する(余命プロジェクト・ミラーサイトに支持者・同情者として「あいつはろくな人間でない、国のためにならないから必ず抹殺で」と陳情文書・献金・恫喝する?w 実際にやってそうw)。
しかし言い返されて「そうだよ、私(筆者)みたいなしょうもない奴からバカにされるくらい、お前らって酷すぎるゴミ集団」と揶揄されて憤死、世間から失笑されて面目丸潰れる(必然の結末はこれまで数回書いた通り)w 

 

亡国平成インテリ・プロフェッショナルの死亡集6「リンチ」

1手足や胴体に丈夫な金属繊維のロープを結びつけ(ヘルメットと頚椎保護ギプスも)、自動車で引きずり殺す。アスファルトの路面ですり下ろされて死ぬ。

2杭や柱に針金で縛りつけ、軽油やガソリンで焼き殺す。あるいは炭火で焼き殺す。口に呼吸用の筒を付けて、すぐ窒息で気絶しないよう配慮すると良し。

3中国式。この二年間で情報隠蔽されている間に餓死凍死や弾圧死した中国人の遺族たちから凌遅刑にされる(生きたまま何十回も何百回も少しずつ肉片を切り刻み取る。長ければ完了に三日かかる)。最後には破れた腹から内蔵をぶちまけぶら下げて絶命する。

4中国式。手足の付け根にロープを巻いて、重機などでゆっくりと手足を引きちぎる。いわゆる「車裂刑」。

5西洋式。車輪や大型ホイールに縛りつけ、手足をへし折って、死ぬまで放置する。

6西洋式。鉄の吊り籠に入れて、死ぬまで放置する。

7西洋式。アイアン・メイデン。内側に刺針のある鉄の釣り鐘のような装置に閉じ込め殺す。装置の調達が問題であるため、内側に向けて釘を何十本も打った棺桶に閉じ込めて一定時間後に焼き殺し。

8動物園の檻で、動物の汚物だけを餌に与えて、死ぬまで飼育する。

9減圧装置で耐久テストして殺す。

10奴隷として肉体労働させ、食事は生の豚肉と生の古い雑穀のみ。健康を害して死ぬまで虐使する。 

 

亡国平成インテリ・プロフェッショナルの死亡集7「リンチ続」

1西洋式。投石で撃ち殺す。腰まで地面に埋めて、みんなでアンダースローで石をぶつける。

2西洋式。手足を切り落として焼き殺す。

3中国式。手足を切り落として目と耳を潰し鼻と喉も焼く。死ぬまで生ゴミを食べさせて飼育し、狂い死に衰弱死させる。

4背中に的の図柄を焼き印して、逃げ回りながら射撃訓練で射殺される。

5発情期で凶暴化したイルカのプールに投げ込んで、レイプされながら溺れ死ぬ。

6金属の手錠で数珠つなぎにして、海水をホースでかけてから感電死させる。プールでもO.K.だろう。

7治験で動物の替わりに、危険な薬品を繰り返し投与する。使い物にならなくなったら劇薬を飲ませ注射する。

8飢餓状態の豚に食い殺させる。

9人工樹液を塗って、カブトムシとりのトラップにする。カブトムシ以外の虫も大量に集まる。

10深いプールに上から次々に突き落とす。高い飛び込み台から固い水面に叩きつけられ失神、さらに上から振ってきた後続者に追突される。万一にプールサイドに辿り着いても、竹槍で刺され棍棒で殴り飛ばされる。 

 

亡国平成インテリ・プロフェッショナルの死亡集8「死呆」

 
前書き
あの「余命三年時事日記」案件を考えればわかるとおり、裁判官・弁護士会なども酷いもので、官庁や自治体も汚染されていると考えられる。マスコミ全般と政財界(特定反日野党だけではない与党までも)だけではない。 

 
1裁判所の前で鞭打ち刑と斬首・晒し首(獄門)。

2睡眠をとらせない拷問で全て喋らせて殺す。

3ヤギに足の裏を舐めさせる拷問で全て喋らせて殺す。

4裁判所や霞ヶ関の往来で力尽きて死ぬまでコサックダンスを強要する(インターネットで生中継)。殴る・蹴るで無理矢理でもやらせる。

5カムチャッカ半島などで(架空の)金や石油を掘る無駄な奴隷労働をさせる。

6首からプラカードで公開銃殺に処する。

7道路舗装の敷石の替わりに、ロードローラーで挽き潰し、煉瓦舗装してハイキングコースにする。題して「不正売国裁判官の道」「コリアン左翼官僚街道」など。

8刃物を持たせて外患罪の罪人処刑させる。ただし毎回死闘。最後は反撃に敗北して死亡する。

9冷凍庫や製氷機で凍死させ、高野豆腐のようなミイラにして、裁判所の近くなどに展示する。

10インターネットや政府放送で、居住地や家族構成を公開する(顔や家の写真も)。引っ越しなどは認めず、勝手に一定エリアから離れれば逃亡犯として射殺される。 

 

亡国平成インテリ・プロフェッショナルの死亡集9「教育と宗教」

教育と宗教関係の「聖職」もずいぶん汚染されていたようだ。そのテーマでやらかしてみよう。


1寺の鐘つきの要領でつき殺す。赤と茶色のゲロを吐いて死んでいく。

2吸血鬼や狼男を殺す要領で、銀の弾丸を撃ち込み、心臓に杭を打つ。死体は焼いて海や朝鮮半島に撒く。

3反省文を書かせて、全身にナイフでその文面を刻みつけて殺す。「カフカの流刑地」方式。

4西洋式の審問。水に沈めて溺れ死んだら無罪。浮かんできたら有罪で火炙りに処す。

5西洋式の殉教風処刑。逆さ十字で磔(はりつけ)で殺す。

6西洋式の殉教風処刑。見世物で野獣に食い殺させる。

7小舟の上に、頑丈で窓のない小屋を作って「渡海浄土」させる。現実的にはコンテナに詰め込んで封印して、魔除けと呪いの言葉を書き込んで、太平洋の沖合に流す。

8古代インカ人の霊的治療のように、頭蓋骨に穴を開けて、シベリアでストーンヘンジ建立の強制労働させる。

9大量の聖水を飲ませて、パンパンにふくれたところを銀のナイフでめった刺しにする。

10生きたまま、即身成仏ミイラや人体標本に加工する。 

 

亡国平成インテリ・プロフェッショナルの死亡集10「殺す」

1竹槍や日本刀で何回も突き殺す。または鈍器やメリケンサックで殴り殺しにする。顔面を鉄のバールで何十回も殴って完全に粉砕する。

2冬の雪山で全裸同然で放置して彷徨わせ、遭難凍死させる。

3富士の樹海で変死させる。

4マグロ漁船で遠洋航海させて、リンチで負傷させてから海に突き落として殺す。

5呪いのビデオ(サブミナル効果)で狂い死にさせる。

6生殖器に溶解性の劇薬をかけ、注入して苦痛でショック死させる。

7肋骨の隙間に何本もステンレスの焼き串を刺して、肺をズタズタにして、血のあぶくを吐いて窒息死させる。

8気の狂った麻薬中毒者とデスマッチさせる。酔っ払った格闘技選手の練習台で人体破壊されて死亡する。

9マラソンやトライアスロンを強要して、死ぬまで何回もやらせる。

10断崖絶壁から「マンセー」三唱で飛び降り自殺させる。 

 

亡国平成インテリ・プロフェッショナルの死亡集11「殺す2」

1鉄パイプで全身の骨を叩き砕いて殺す。

2焼けた火箸で両目から脳髄を抉り焼いて殺す。

3大静脈に金属ストローを刺して、失血死させる。

4廃棄ロッカーに閉じ込めて、自動車スクラップ工場のプレス機で押し潰す。

5地面に寝かせ縛りつけ、犂(すき)や鍬(くわ)でゆっくりと耕し殺す。

6電気ハンドドリルで、穴だらけにして殺す。

7大量の毒蛇やスズメバチと密閉空間で対戦させる。

8止血しながら手足を切り拓き、開腹する。苦痛と腐敗で苦しみながら、アリにたかられて死亡する。

9涸れた井戸の底に下ろして、孤独や飢え・寒さと絶望しながら衰弱死させる。

10「生き胴」にする。日本刀で首を狙って即死ではなく、(切れ味の悪い重みがある斧や青竜刀を使って)胴体を斬りつけて切断して殺す。 

 

亡国平成インテリ・プロフェッショナルの死亡集12「殺す3」

 
前書き
余談ながら「インテリジェンス」や「プロフェッショナル」には「諜報」の意味や含みもある(?)。
今回シリーズ(本章)は政治屋・マスコミ・市民団体などだけでなく、「デタラメ・裏切りと無責任・欺瞞に明け暮れたプロの知識人」を忘れないことが主眼であるが、各種の特定有害工作員のネットワーク・シンパについても、暗に含んだ話であるだろう。 

 
1車で問答無用ではね殺す。本人たち(特に年配の代表者)が褒め称えたり黙認した天安門事件のように、戦車のキャタピラで挽き潰す。

2電車や道路に突き飛ばして事故死。実は異常左翼や在日コリアン犯罪者などがよくやってきた手口らしい。

3ストーブに縛りつけてゆっくりと焼け爛れて死ぬ。

4竹箒で数百回殴りつけて血塗れにし、敗血症と破傷風で苦しみ死ぬ。

5一家皆殺しで、惨殺した自分の子供や孫の生き肝を食べさせる。日本人には似つかわしくない過剰に残虐なやり方ではあるが(残酷刑そのものが大陸的ではあるが)、連中が日本人に対してやってきた・やろうとしたこと。

6回転ノコギリで縦に真っ二つにする。

7金槌やハンマーでいたぶり殺す。

8何本くらい釘が打てるか試す。楽には殺さない。

9金属ヤスリで肘や膝などからゴリゴリ削り殺す。止血・消毒や抗生剤を使って、可能な限りの長時間の苦痛を味わわせる。

10濡れた革紐を首に巻いて、乾くにつれてゆっくりと絞まる「チョーカー絞首」。手間がかからず自動的な苦しみがあるので、現実的で大本命の執行方法である。 

 

(外伝)マスコミ・特定有害集団などの死亡集

1外患罪裁判や軍事法廷で裁かれ、絞首・銃殺などで死刑(もっとも穏やかな場合)。

2無慈悲でストレートな強制送還・亡命など(ソフトランディング・仁慈配慮の適用対象外)で、現地人・祖国同胞などから虐待とリンチ虐殺されて無残な結末になる。

3自衛隊や警察特殊部隊に突撃されて、籠城戦の末に射殺や自殺。戦車やヘリコプターで殺されるバリエーションもあり。

4特務処刑部隊に戸別訪問や追跡され、町中で公開処刑で射殺される。在日米軍からテロリストとして殲滅処理されるなどのバリエーションもあり。

5近隣の日本人住民たちからリンチ。町中で通り魔的に刺し殺されるなどのバリエーションもあり。

6穏便な集団帰国や移住組の民族同胞(ソフトランディング組)から、問責・責任追及されて奴隷待遇・リンチ。

7悪辣な在日コリアン・ヤクザなどから、口封じと見せしめで「友愛」(暗殺)される。

8もはや助からない・逃げられないと観念して、自殺や一家心中する。

9コロナ重症化や原因不明の事故死(穏便な死に方?)。

10日和見とホッカムリや姑息な処世で「逃げ切った、助かった」と思った頃に、時間差で破滅に見舞われる。 

 

鳩と小ネズミの殺し方

1革袋・麻袋に入れて吊るし、金属バットで断続的に殴り続ける。通行人に「ご自由にどうぞ」の看板。

2筋弛緩剤などで「非常に苦しんで死ぬ」毒薬をブレンド調剤して注射処刑。

3「亡命させてあげるよ」と言って安心させて、背後から一斉機銃掃射する。

4亡命先のコンゴで殺処分が事前に確定済み。

5(国賊記念館に展示する)石膏像のような型をとるため、薬物で動けなくして(略)

6ロケットに詰め込んで、火星に向けて片道切符で発射する。「日本人とコリアンが火星に到達しました」。

7最後の一杯に、浣腸器で肛門からウォッカを注入する。内臓が高濃度のアルコールで焼け爛れて死ぬ。

8途上国などで舗装したい道路予定ルートを、延々と集団と行列で歩かせて、踏み固めさせる。最小限の食事と休息で、鞭打ちながら死ぬまで歩かせる。

9中国人に依頼して、肉の缶詰に加工してもらい、そのまま彼らの非常食料「両脚羊」になる。

10軍事裁判で死刑。たぶん簡略な罪状確認の後で銃殺。 

 

鳩と小ネズミの殺し方2

それが現世の出来事やパラレルワールドなのか、地獄の出来事なのか、わからない(今回はたぶん地獄の光景と記憶なのだろう)。ただ、それは真実にして必然の出来事なのである。

1鐘撞きで殺す。ただし鐘撞き棒の替わりに、百八煩悩回ほど頭をぶつける。血塗れで脳挫傷し、最後は頭蓋骨がグシャリと潰れて絶命する。

2ガソリンをかぶらせて、みんなでファイヤーダンス。エンドレスで続行反復させ、自分がミスしなくても、周りの仲間からのもらい火に遭って炎上する。

3潜水服で、巨大なチョウチンアンコウの巨大水槽を探検させる。ひと飲みにされて一巻の終わり。

4ブドウ圧搾機で血を絞り出して殺す。

5水車小屋で石臼で小麦のようにすり潰される。

6石で骨盤と尾てい骨・腰骨を砕き割って、這いずりながら腹腔内出血で悶死させる。

7身体に太い針金を通して、指先や身体のあちこちに蝋燭を立てて燭台にする。苦悶しながら狂い死にする。

8ヘリコプターの高速回転する鋼鉄のプロペラ出切り刻まれる。

9正座した顔面を、プロのサッカーキックされる。顎は陥没骨折して頚椎もへし折れる。

10液体窒素の水鉄砲で仲間同士でサバイバルゲームさせ、低温火傷で全員死亡するまで戦わせる。 

 

(外伝)亡国平成外道祭文2、鳩と小ネズミの精神的勝利宣言/黒猫鉄火面の哲学問答

だってさー、お前らジャップップって、いくら批判しても、最後の最後まで俺ら(鳩山・小ネズミとか在日コリアン左翼)どうにもできなかったじゃん?
結局はせいぜい陰でブツクサ言っているだけで、具体的にどうにか倒そうとか、やった奴なんか少数派だろ? ずっとビビッて、謙虚に分際わきまえて批判すらせずに黙ってたし。もし騒いだら、年寄りとかが面倒ごとが嫌で最後まで「鎮圧」や「抑制」して、「余命三年時事日記」とかも最後まで無視してたろ? それどころか最後まで意味理解してなかった、平和な昭和平成ボケで、ジャップップの若手が壊滅しちゃった(笑)。

舐められて当たり前じゃん。「自己責任」じゃん。
そこまでアホだったら自業自得じゃん?

いくら裏で大規模に封殺工作していても、ここまでやったら普通は気づくだろ? 気づいても、ガンガン裏切って、日和見や買収されたりそんなのばっかりだし。愛国の一列目の後頭部って木魚だろ?
それで俺らと気の利いた連中のみんなでやりたい放題だったけど、余命や保守速報からでも十年! ここまでやらかしたら、実質は俺らの勝利だろ? お前らが受けた被害や失った時間は戻ってこないし、日本なんか内臓破裂だろ? 派遣で使い潰しとか外人労働とか、今の年寄り連中とか連帯責任じゃねえの? 壊した人間は元に戻らないし、社会や国だってなあ! この十年くらいの引き伸ばしで、負傷で済んだはずが重体や致命傷になったとかけっこういるだろ? 働いて結婚してガキがいても、一人っ子では少子化だろうし、「無事に見えて無事じゃない」みたいの、多すぎるんじゃね?

だからよー、お前らジャップップのガキどもは、俺らとお前らが糞塗れにして無茶苦茶にした未来を生きていくんだよ! 良かったな、マジおめでとう!
天国も地獄もあるかよ! 唯物論だ、唯物論! 死んだらそれで終わり! 余命の初代とか、日本に絶望しながら死んでそれっきり! 勝ったのは俺ら! 勝利者は俺らなの! 生きてるうちに無茶苦茶できて逃げ切ったようなもんだからな!



黒猫鉄火面の答え
「お前は知らなかったのか? 私は「シュレディンガーの猫」みたいなものだが、どっちが正解かなんて、あいにくわからんぜ。
どうせアホなお前は知らないだろうがニャー。仏教の哲学学説では、天国も地獄も、一念三千の心の中にあるってことを。カントも言ってるそうニャが、世界や時間の認識そのものが「主観」に立ち現れる「現象」なんだからな。たとえ物理的な天国や地獄がなかったとしても、死ぬときの最後の一秒が主観認識で千年万年や一兆倍くらいに引き延ばされて、地獄の悪夢の世界を「主観の現象」で体感するかもしれニャいとか、お前は考えなかったの? だいたい現世が夢やバーチャルみたいなもので、魂だけ別の平行世界にある可能性も、読んだことのないスピノザに指摘しされているそうだニャ。
それに「神様」はたぶんいるからニャ。アリストテレスでも読んでりゃ、具体的にどんなかは不明だけど、根源の善みたいのがあるって論理的に類推できるニャ。最後まで「古い宗教哲学ではない」科学的・客観的態度に固執してた科学哲学のフッサールですら、最後には「やっぱり神がいるとしか思えない」って言ってるらしいぞ。アホで無学無教養で、神から見放されたお前にはわからんだろうがニャ。みんな本能的に察してるから、世界中で普遍的に宗教だの道徳や倫理だのが成り立つんだよ。
だから余命のカズ爺さんは極楽浄土で、お前は地獄で牛頭馬頭羅刹なんだよ。わかるか? さあ、終わりなき刑罰の続きをするニャ!」

鳩山
「うわあああ!(怯えきった子供のような顔で後じさり、失禁どころか脱糞、恐怖と絶望のあまり嘔吐) いったいお前はなんだってんだよおー!(阿鼻叫喚で号泣しながら大絶叫)」 

 

鳩と小ネズミの殺し方3「黒猫鉄火面」

そして黒猫鉄火面のキャラクターを全面に押し出した虐殺連打で、「彼ら」は地獄に回帰する。
彼らの心は地獄。地獄こそ彼らの居場所。地獄で無限に虐待虐殺され続けることが、真理であって平和。


1プロレス風に弾丸ラリアットで即死させる。

2猫パンチ連打で顔面を削り取り、目玉を潰して脳味噌を掻き出して殺す。

3ムエタイの首相撲風に組みついて、猫キック連打で腹部を削り取り、内臓をぶちまけて絶命する。

4鉄火面の命令と指令を受けたネズミとハムスターの大軍に齧り殺される。

5鉄火面から放射された熱光線で、焼き滅ぼされて蒸発する。焼け焦げた影だけを残して。

6再びプロレス風に、鉄火面の頭突きで四方八方からぶちのめされて、痣だらけになって死亡。

7レストラン風に「魚」として調理される。内臓を抜いて三枚に下ろされ、料理として地獄の亡者に食される。地獄なので、最後まで意識がある。

8猫軍団のトイレの砂場に埋め殺される。

9友人の犬軍団から八つ裂きに噛み殺される。

10復活後に黒猫鉄火面と対面しただけで、恐怖と絶望でショック死する。


そして、地獄での何百目かも数えられない復活コンテニューのあとで。
あの懐かしい方々が迎えに来てくれた。
よく知っている火の車で、牛頭馬頭羅刹。

「うわあああ! うわあああ! うわあああ!」

精神ショックと狂乱のあまり目玉を飛びださせて、壊れたトロンボーンや悲鳴に似たサイレンのように絶叫三唱する。恐怖と絶望は彼に言葉すら忘れさせていた。ただ純粋な破滅の感情だけが汽笛のようにほとばしっているが、抵抗は全くの無駄でしかない。避けられぬ運命。
さらなる深い暗黒の地獄へ。「地獄における本当の死」のあとで、もう一度の新たなる無限の地獄に逝くのだ。 
 

 
後書き
感動のエンディング? 筆者発狂で終了であった。 

 

あとがき 伝言メール「殴り書いて送った言葉」

その1
もしもう一度、鳩山・小泉みたいなことをやられたら、次には対抗・牽制やあとで反撃・批判する奴すらいないだろう。
日本は次かその次で終わり、今のガキどもとか、たぶん生まれてこない方がましだった。たとえ食肉にされても、それを阻止する能力も意思も日本の大人にはないだろう。だから「最後の人間的な時間」を大切にして、最後は(優良な家畜として誇りと自覚を持って)美しい土下座で欺瞞と支配・暴力に感謝しなければ(冷笑)。

それから、プロのインテリゲンチャ連中。あいつらって、歴史で稀なくらいの屑と裏切り者の一大集団なんだよ。あいつらって、間違っても信頼や尊敬したら駄目な連中が大部分だと思う。学識あるオカマ茶坊主がいいところで、それこそ売春婦以下だと今は思っているよ。
私はあいつらの死体と生首の山が見たくて心から仕方がない。


その2
今の日本なんて、異常で狂った奴だけ生き残ったんじゃないのか? この20年30年で、特にランクが上の方・支配層の連中。自分は今一つ及ばなかったようだが(精進が足りないw)。鳩山はどうしようもないとして、小泉純一郎とかも芸者殺し・隠蔽の前科があるらしいが(きっと犯罪者としては信頼性Maxだろうよw)。
あとは謙虚で勤勉で分際をよくわきまえた(余計なことは考えない・無茶しない)まっとうな良く出来た羊さん・豚さんは恩恵で無事に飼育(次世代家畜・パシリ用の繁殖も)されたようですか。ある意味では「死ぬより悪い」運命だな(笑)

今の世の中の八割はギャグみたいなものだろうから、わけがわからないうちに地球人口が十億人削減(中国とか)や、世界各国で突如としてゲリラ掃討・強制送還祭りでもケンチャナヨ(気にすんなよ)。
どうせマスコミとか政治屋とか丸ごとポン!でもおかしくない(やる気ゼロで倫理観・常識や良識の怪しい私ですらギョッとして騒いだときに、ひたすらダンマリと裏切り卑劣利権を保守)。あまりにも卑怯卑劣と痴呆しかないから、まともなやり方では絶対に解決も改善も不可能だろう。
そして、何かしら決着せずに痴呆の平和が保守・異常腐敗と歪曲が丸ごと温存された場合にはおそらく「次はない」。今回の経緯からしても、もう次回に売国奴・暗黒利権に抵抗・反抗する奴なんかいないだろう(笑) 
 

 
後書き
ほぼ「遺言(仮)」のようなものか(笑)。
たとえ生きていたとしても(ダラダラ生き延びて好きにしている可能性は高いが)、もはや意志力の壊滅や諸般事情(自堕落・破壊済み)で日本防衛・再生には役に立つまい(笑)。
だが、これもある意味では「予定・計算どおり」で自分的にはあまり問題なかったりするが(失笑)。 

 

鹿頭羅刹、異常司法への処刑審問

 
前書き
(参照)「余命三年時事日記」最近の記事から(余命ミラーサイト)
739 うんうん、で、本丸の責任追及は?
https://quasi-stellar.appspot.com/articles/65/WX658130a5.html
745 モンスター裁判長(715再掲)
https://quasi-stellar.appspot.com/articles/2d/WX2dd2f684.html

奇妙な点の一つは、弁護士の偏向左翼な政治声明と、愛国側への弾圧的な異常判決だけではない。懲戒請求をとりまとめた余命の本部(日本再生大和会)をほぼ無視放置で、「何故・何のため」という一番肝心の議論や対決が全くなされないこと。隠蔽と同じで、公に拡散・正面から議論すれば日本国民全般から袋叩きだから「姑息と卑劣に徹する」。 

 
東京高等裁判所第4民事部の鹿子木康裁判長と異常左翼裁判官・国賊犯罪利権弁護士の「法匪」たち。法律と司法システムを恣意的に悪用してやりたい放題だった。
ついに地獄の使者「鹿頭羅刹」が〆る! 常には温厚な鹿頭(かず)君もついに頭に来たらしい。初代余命が「かず」さんだったので親近感・同情していたり、賊に「鹿」の文字を冠する輩がいたことで気分害したのだとか。

「ねえ、どうして「鹿」なの? そんなにコリアン贔屓だったら、鹿子木からプルコギに名前を変えたら良いんじゃない? でもそれだとプルコギに失礼かー。プルコギだったらまだおいしいし、世の中の役にもちょっとくらいは立ってるからねえ。でも不正裁判官とか、そんな「まともな需要」なんかあると思う?
お前らなんか、ぶっちゃけ中国人のコンビニバイトや韓国人の売春婦以下だろ? 一部の犯罪とか慰安婦詐欺で利用された以外に、それほど人様に悪さしてないし。押しかけ居座りも問題で迷惑だけど、可哀想って言えば言えなくもないし。でも、学問や知識や能力あって金も名誉も貰っていたのに、地位を悪用しまくって悪いことしまくったお前らは格段に罪が重いよね? 中国韓国やコリアンがトコトンどうしようもなくなって、日本の外国人が腐ってあんな風になった原因の一つじゃないの?」

奈良の鹿煎餅をポリポリ食べながら、目が据わっている。いかに温厚な性格とはいえ「高天原と地獄を往来勤務する羅刹天使」であった。鹿島神宮は武神であり、奈良には大仏がごわす。実は割とランクが高く、牛頭馬頭も一目置く存在。
そんな鹿頭羅刹がつい本気を出すようだ。頭上に光輪を輝かせ、背中に四枚の光の翼がはためくのであった。しかも目が赤く光って、地獄の炎のような紅蓮のオーラを放っている。「手を出してはいけない絶対強者」であるのが一目瞭然だった。

「貴様らになど、涅槃寂静の必要なし!」


1電磁波で全身が沸騰して悶え死ぬ。

2頭痛と耳鳴りに苦しみながら、目や耳や鼻から血を流して、頭が爆発する。

3ツボを押されて、小腸と大腸までを全部排泄してしまう。苦しみつつ野草や土を食べて生きようとするが、消化できないのでやせ衰えて衰弱死する。

4鹿煎餅の争奪戦で、食欲の鹿たちからとげとげしい角でじっくりとひっかき殴られ、なぶり殺しに突き殺される。糞塗れである。

5脳と痛覚神経以外の全てを超能力で破壊炎上させる。地獄の沙汰なのですぐには死ねず、発狂もできない。

6催眠術で死刑囚の処刑待ちから執行直前の恐怖と不安を三百回味わわせる。何度も自殺する。

7殺戮食人パンダと檻の中で戦わせ、血祭りに貪り食われる。熊に近い猛獣で肉も食べる動物である。

8薄い毒ガスの中で、延々と終わりなく裁判ごっこさせる(催眠術で地獄だと忘れている)。どれだけ偏向弾圧勝利しても終わりはない。司法を悪用して異常判決はできても、苦痛と死亡から逃れられない。

9催眠術でしばし地獄を忘却させ、架空の世界で一~三千万円の現金(紙幣や金貨)と引き換えに、地位も資産も安全も人権もないサバイバルさせる。どこに逃げても追跡されて、あるいは所持する現金目当てで殺される。

10催眠術でしばし地獄を忘却させ、監獄の中で仲間内で責任を押しつけ合う裁判と私刑。修羅の有様となる。 

 

鹿頭羅刹、ナチュラル自然な技法

1これまでの異常判決や偏向左翼な政治声明(演説や捏造記事も)を書面の紙に印刷して、山羊羅刹の指導のもとで全部食べさせる。消化不良で死に至る。

2進化の過程をやり直しさせるために、地獄のジャングルで「樹上生活」させる。木から落ちたら毒蛇と野獣の餌食であり、たまに木の上にも虎や毒蛇が這い上がってくる。食物は葉っぱや昆虫であり、たまに鳥や小動物の死骸などがあると奪い合いで毎回に転落者が出る。

3原初の世界で、ネアンデルタール人や北京原人・ジャワ原人と生存闘争させる。大自然の厳しさを教育されながら全滅する。

4アフリカや南米で未人食い人種の狩人から「猿の一種」として狩猟される。しょせんは文明世界で詐欺ビジネスしていただけであるために、容易に餌食になって思い知らされる。

5台湾の高砂義勇兵・青年団(旧日本軍の敗残兵や在外邦人の帰国を助けたボランティアチーム)の英霊たちから「日本精神」を教育するため、指導を頂く。山岳地帯を笑顔で歩行訓練で追い立てられ、最後には東条英機の面前で切腹・生き胴や斬首刑にされる。犬や豚の餌。

6シベリアやアラスカで「そり犬」として使役する。シベリアンハスキーやアラスカンマラミュートの「先輩方」から躾とおやつ・夜食として噛み殺され引き裂かれる。

7芋焼酎で酔っ払った地蔵菩薩から道端で殴り殺される。昭和天皇が浄土ヶ浜・賽の河原で靖国英霊や夭折した子供らと趣味で作っている芋畑の肥料になる。

8ダライ・ラマの魔術によって苦悶死し、生皮の旗や大腿骨の笛に生まれ変わる。

9西部劇に出演して、カウボーイから馬にロープで結んで引きずり殺される。保安官から「ギルティ(有罪)」判決を受けて、公開私刑にされる。

10原始哺乳類に生まれ変わって、どうにか原猿類にまで進化するまでずっと転生させ続ける。 

 

鹿頭羅刹、神話伝説の技法

1巨人解体神話のようにバラバラ殺人。

2ヒュドラや大獅子などの伝説の怪獣に殺される。

3人魚やハルピュアイから催眠術の歌声で溺死。

4天上からの天罰「返し矢」でハリネズミのようになる。

5日本武尊(ヤマトタケル)から討伐される。酔っ払って狂気に陥ったヘラクレスから虐殺される。

6古代のギリシャやメソポタミアの陰鬱な冥府を体感し、ケルベロスや怪物に食い殺される。

7昔の南米や中国で、残酷な人身御供の儀式で生贄にされる。

8キリストやモーセの奇跡で、一瞬で海底に沈め殺される。

9くじ引きで始皇帝・海陵王などの昔の中国の残酷な権力者から大虐殺される。ロシアのイワン雷帝から酔った勢いで皆殺しにされ、スターリンやポル・ポト派から粛清されて全滅する。

10タルタロスの深淵に投げ込まれ、最後の審判で地獄の炎で焼き滅ぼされる。 

 

鹿頭羅刹、生物学・化学の技法

1コロナやSARSの重症化で死亡する。

2サリンなどの神経毒ガス。

3びらん性の毒ガスで焼け爛れる。

4内蔵が生きたまま腐る。

5マラリアとサナダムシ。浸かる。

6ゾンビウィルスに感染。特殊部隊に射殺。

7腐食性の毒液の風呂に延命措置しながら浸け殺す。

8ペストや赤痢のフルコース。

9血液中の尿素結晶ができて異常増加。血管に刺さって痛すぎ、心身ともにボロボロになる(痛風)。

10大量の虫と一緒に棺桶に閉じ込め殺す。 

 

鹿頭羅刹、芸術的技法

1特殊薬品で、これまでの異常な判決文や声明文を全身に書く。光に反応して焼け爛れる。

2外科手術で人体の構造を作り替えて、生きたまま家具や別の動物(四つ足の獣や軟体動物)に作り替える。

3低周波の音楽でストレスで狂い死にさせる。

4ドイツの古典絵画などの残酷な光景を実演させる。

5顔と頭の皮を剥いで、催眠術をかけ、お互いにルネサンス解剖実習ごっこさせる。途中で我に返って(略)

6全身罪人の入れ墨をして、原始時代の戦争ごっこ。

7溶血薬で全身の毛穴から血塗れにし、「赤い魚拓」。

8全身の生皮を剥いで、猛獣の毛皮のような敷物にして、踏む。地獄なのでずっと意識がある。

9全身に象眼細工する。肌に貝殻の真珠質埋め込んで模様にして(動くとそれだけで凄く痛い)、血塗れになって力尽きる(死ぬ)まで踊らせる。

10自殺コンテスト。わずかな慰安・報酬・賞品のために、自ら限界を超えた悲惨な自殺を探求・実行する。 

 

鹿頭羅刹、工芸的技法

1全身を漆(うるし)塗りにする。皮膚呼吸が壊滅して死ぬ。

2巨大な壷の表面にはりつけ埋め込んで焼く。赤黒いくぼんだ模様と骨の欠片が残る。

3ラーメンのように細く伸ばし刻んで、編み上げ細工にする。地獄なので意識と苦痛がある。

4凍結させて、宝石のブリリアントカットや彫刻のように加工する。

5マッチ棒や五円玉のように手芸品の材料にして、最後は巨人の子供にぶち壊される。

6水分を樹脂に置換して、マトリョーシカ型の人体標本にする。最後の一番小さな人形は胃袋と肝臓の断片で出来ている。

7体中の脂肪に細い芯を木の根のようにして通し、人間蝋燭として燃やし尽くす。

8寄せ木細工のように正立方体に作り替える。

9乾かして粉に挽き潰し、焼き物の原材料にする。

10魔法で変質させてガラス細工のように、球体になるま膨らませる。苦痛は凄まじい。 

 

鹿頭羅刹、凶暴性・猟奇性が全開

鹿羅刹、凶暴性と猟奇性が全開になってきて、快楽殺人者のような狂気の笑顔。牛頭馬頭も一目置く。


1手足を輪切りにし、さらには胴体輪切り。

2醤油に漬ける・焼くを繰り返す。みんなで食べる。

3手裏剣の練習的にして殺す。

4重油に浸けてから、熔鉱炉に投げ込む。出来た金属に苦悶の表情が浮かび上がる。

5脚だけ出した簀巻きにして火をつけ、踊らせる。「箕踊り」(みのおどり)。

6織田信長や孫権?などの残酷武将に虐殺される。

7ハードコア・サムライ思想の現代「日本の戦闘者」たちと対戦させる。

8スペインの異端審問官に拷問・懲罰・処刑される。

9液体窒素に漬けて身体を半分凍らせ、地面に叩きつけて飛び散り砕ける。死にきれない地獄の苦痛を味わう。

10日本刀で縦や横に真っ二つにしたり、槍で突き殺す。 
 

 
後書き
どうも次の話(新規投稿)がうまく反映・掲載されないっぽい? まあ「鹿羅刹と異常裁判官」は次で一通りだったから構わないが。今回で完結でもたいして不都合ない。
儒教観念的に「トップクラスの長老」のアウストラロピテクス大先輩から〆られて「我々の子孫として認めない」「人類として失格」を宣告され、さらなる地獄の深淵に突き落とされるだけで、たいした内容ではない(ジョーク小説だし筆者のやる気もどのみちゼロw)

(注)翌日くらい?に確認したら、反映されてました? 

 

鹿頭羅刹、最後の深淵の扉

1オスプレイのアフターバーナーに縛りつけ、空を高速で飛びながら焼け燃える。

2時速八十キロで走行する戦車に跳ね飛ばされ、キャタピラーで踏み潰される。

3地面の杭に縛りつけて、火縄銃の射撃や迫撃砲の練習的にする。

4怪力の手で引きちぎって、生きたまま地獄の鳩の餌にする。なお鳩山が犠牲者でなく「鳩の側」に逃げようとしたので、いつぞやの地獄のキツツキに懲罰させた。

5手足をへし折って、堆肥に埋めて発酵させる。竹筒で呼吸が出来る上に温かく、カブトムシの幼虫が「海老のようでおいしかった」と好評な「心安まるひととき」。

6恐怖と不安を三十倍にする催眠術をかけ、幽霊船のマストの天辺に縛りつけ、恐怖と孤独と潮風の寒さに苛まれながら、「あー! あー!」と悲惨な顔で叫び続ける。

7サソリだらけの砂漠で、サボテンとサソリだけ食べてサバイバル生活させる。たまに友情出演のコヨーテや毒蛇に襲撃される。

8海賊船ビジネスさせ、日本・台湾や中国の倭寇海賊と北欧バイキング・イスラム海賊から身ぐるみ剥がれて、冷酷な海に棄てられる。

9アウストラロピテクス(初期猿人)大先輩に気合いを入れて教育し直して貰う(聖書のケルビム天使やアダムのモデル説w)。儒教的には「古いほど有難い」「年上ほど偉い」ので、人類の序列でトップクラスということになるから、逆らうことや反抗・抗弁は絶対に許されない。野性のゴリラや猛獣と紙一重の「剛勇と野性の世界」についていけるはずがなく、教育的指導に打製石器で何度も殴り殺される。
さらには趣味で「原始スパルタン講習」に来ていたアフリカ・ピグミーや南米の人食い人種(アウストラロピテクス大先輩を「半神の始祖」と尊崇している)からも「この出来損ないどもが!」「神聖な授業に泥を塗りやがって!」と激しいイジメにあう。逆に日本の忍者は魔術師・天才とされ、蛮人コナン(ハワードの小説、古代西洋人の野蛮部族の豪傑)が英雄として首席を争った(コナンは日本武尊や宮本武蔵とも友人らしい?w)。昔のスイスの山岳兵・日本の足軽歩兵や台湾高砂族の狩人も知勇兼備の優等生扱いだったらしい。
それから各地の原人の長老やアフリカ未開・先史時代部族の酋長や昔の日本の蝦夷・土蜘蛛・隼人族や古代ヨーロッパのガリア人・ゲルマニア人とバナナ酒とマンモスの焼き肉で「人類発祥・上古の先史時代を懐かしむ同窓会」の宴会しながら、当惑するアウストラロピテクス大先輩による「落第生への補講」を高みの見物する。
みんなの前でアウストラロピテクス大先輩から「あんな愚か者の屑は子孫や我々人類の同胞として認めない」「文明人としてダメなだけでなく、生物的な人類としてもゴミ」と人間失格を超えて「人類失格」を宣告される。

10鹿頭羅刹がフルパワーのオーラで、一緒に蒸発させる。さらに深く暗黒の深淵地獄世界につき落とされる。 
 

 
後書き
これで「鹿羅刹の異常裁判官処刑審問」編も完結(仮)。 

 

⭐重要⭐大学前期修了証書の発行義務化

 
前書き
別(前)ブログ(閉鎖)で公開した記事からの転載・再編集と若干補足して、「陸戦型たぬきそば」ブログ(そちらも閉鎖)で再掲載していた記事の微修正・転載。 

 
以下のメール二件を首相官邸に送ってみました。

www.kantei.go.jp


「大学前期修了証書の発行義務化」
四年制大学では、二年修了で一定単位を取得した(短大相当)ならば「前期修了証書」を発行すべきで、場合によっては年次の修了証書の発行も検討するべきと思われます(一年や三年)。なぜなら一定単位取得した者に「中退」扱いは理不尽だからです。
またその場合、修了から半年程度は、週1日2日でも補講や修了レポート作成指導が行われるのが望ましいでしょう(四年過程と同じ入学金を支払っているから、またサークルなどで交友の時間を与えるため)。
できることならば、国立大学の定員数を増やすことも検討すべきです。

また、遡り十年から二十年以内の過去の中退者にも、希望者には年次修了証書の発行(や補講とレポート)を行うのが望ましい(氷河期世代などの救済措置とともに、生涯学習推進と学問普及になるため)。

(追記2021.11)
 前期修了後に一年から三年くらいは「学生資格」を有効とし、せめて最低一年間は卒論・自学自習の指導や相談(入学金を卒論指導料と見做す)、希望者には(有償・廉価)で一部の講座履修を許可するのが望ましい。
 学生資格期間にアルバイト・インターン(半年や一年区切り)できれば、企業側も助かる上に、学生側も社会経験の見聞も深めて人生設計・定職確定しやすくなる(たとえ正式に就職せずとも後の人脈にもなる)。逆にブラック企業が無知につけいる余地は減少し、企業間の連携や閉鎖性緩和にもなる。
 また前期課程だけでなく、「後期課程」(三年から五年)も設置を検討すると良いだろう。たとえば前期課程のみを東京や大阪・京都で学んだ学生が、後期課程や修士課程の内容を地元の大学で効率良く履修できる。
 もちろんデタラメをやっていた大学や異常左翼学者は、学生・保護者に見捨てられていく(回転率が上がって、国立大学や中堅以上の私立大学で学べる人数も増える)。また、大学教員と中学高校の「補助教員」に兼任するようにすれば、教員不足も若手学者の生活問題も解決することだろう。


「大学と外患共謀罪」
国公立大学の教職員は、その運営費や給与が税金から出ている公務員であるし、私立大学でも(学生と保護者が信任して納めた)学費であり準公務員と見なすことができる。また、科研費などの公による補助金を得ている場合も多い上、国民が高等教育を受けるためには避けて通れない位置にある。だから大学一般は、政府関係の公的機関や「社会の公器」であるマスコミなどと同列の責任がある。
ゆえに大学における外患罪や共謀罪の該当者を公表し、大学の運営組織や同僚職員(近年に退官している者も含め)にも連帯責任を問うべきだと考えられる(組織と個人の資産凍結や没収、廃校など)。


(参考)「余命三年時事日記ミラーサイト」で採用されたテンプレ(第二版)w

・官邸メール: 短大や大学の在籍年数の柔軟化や学費負担を軽減する制度を要望する
quasi-stellar.appspot.com 

 

(特別編)大学等の懲罰案

 
前書き
「余命三年時事日記(ミラーサイト)」 
759 今、おいくら万円回収済みですか?
https://quasi-stellar.appspot.com/articles/7d/WX7de354b4.html

弁護士会(共産系が支配)の異常左翼な政治活動に懲戒請求・社会的告発した愛国有志たちが黙殺され生贄に。反日左翼弁護士側は恐喝同然に五千万円獲得。
たとえ直接の関係者(余裕がない)や、愛国派で裏で示し合わせて「分業」している人たちが黙っていても、普通は「野良愛国者」が大勢騒ぎ出す。いかに押さえつけられ、情報封鎖されていようが、ここまでの静寂・ダンマリには異様さを感じる。司法だけでなく、大学教員や学問・文化人や有識者たちなどの「集団としての本性」?(憲法問題・歴史・社会学などなど異常左翼だらけだろうし、保身と迎合で大挙してデタラメやってる?) 

 
殺さず罰する場合(大多数)。はなはだしい奴はもちろん死刑。

1頭の皮をカッパのように円形に剥いで、永久に出家させる。「特定反日の茶坊主」とプラカード

2入れ墨や焼き印を押す。鼻や耳を削ぐ。

3公職から永久追放する。

4爆弾首輪で授業・生活させる。

5男には赤いミニスカートを強要し、「オカマ左翼LGBTです」とプラカード。女は鼻輪。

6三カ月に一回くらい、順番で大学の前でさらし者・投石される

7一定期間をさらし者にし、備え付けのノコギリを設置して「このバカの腕でも足でも頭でも切りたい人はご自由にどうぞ」。

8本人たちが憧れる共産中国の文化大革命を見習って、農村で死ぬまで小作人させる。

9学生に、受講した授業・ゼミの教授・講師を自由に殴る権利を与える(殺しても罪に問わない)。

10これまでの給料(学費と税金)を全額の半分ほど強制返納させて、学生のための奨学金の財源に使う。 

 

あとがき2 降伏猶予期間が終わっていた?/余命の使命

たまたま久しぶり、かなり初期からの「反・余命三年時事日記」の左翼工作員のブログを見ていたら、「余命(四代目?)と五十六パパが一年近く前に死んでいる」と勝ち誇っていた(情報の真偽は不明)。
しかし。見通しが「逆」だと思う。
余命の一代目・三代目が係争の途上で病没し、懲戒請求の参加者にも犠牲者が出ている(老人でもある)。そして「三度目」の指揮者死亡、しかもリーダー格の五十六パパまでとなれば。

仮に、その話・情報(余命四代目?と五十六パパの死去)が真実でも、余命プロジェクト(のスタッフや余命・五代目)は迂闊に言えないだろう。なぜなら単に士気や戦線維持というだけでなく、「降伏猶予・説得や公に議論できる余地があった期間が完全に終わってしまった」ことをも意味するからだ。
さらにそれから一年も、卑劣姑息を重ねたならば、異常左翼マフィア側に許される余地は全くない。在日コリアン全般まで含めて。さらには(痴呆という点で)日本国民全般の不面目も免れまい(最悪は日本そのものが破滅コースすらありうる)。安倍や一部の信望のある愛国派指導者ですら、水際戦術についての弁明・説明を迫られるはず(背信・無責任の政治家やマスコミ・知識層については自己弁護や釈明すら困難だろう)

救いはない(どういう決着にせよ)。
本件については、もう揶揄や皮肉や冗談すら意味がないように感じる。
これも見方によっては余命(指揮者)のように、日本と日本人の正気や人間全般の理性と良心を最後の最後まで信じて、それによって報われず、かえって頓挫・倒されるような人間が必要だったのだろう。おそらく本人たちも薄々に悟って、無駄・無理な足掻きを承知で、それでも「(世の中の良識・愛国心や人間の良心に)賭けて」いたのかもしれない。そういう見方からすれば(本人たちの)「計算通り」だっただろうし、自ら犠牲になることで「段階」を推し進めた(わざと半ば茶番を承知でギリギリ限界まで不利な推移に付き合っていたなら、実に困った優秀な性悪爺どもだw)。彼らがやっていたのは主に「降伏勧告や説得工作」だったというのが、一番重要である。 

 

(特別編)マスコミ等の偽装外国人の懲罰案

マスコミ等での日本人を偽装していた外国人工作員(在日コリアン・帰化人二世など)の懲罰案。芸能界や出版・著作業、各種インターネットメディア・snsのサイト運営なども含めて。「偽装」とは日本人の顧客やユーザーに対してである(普通は「日本人」と思うところを偽装して欺いた者たち)。
地位・所業と素性の公開は懲罰以前必須。強制送還と日本への再入国禁止はもちろんだが、国際手配して母国から出国そのものやインターネットなどへの接続そのものを制限・監視すべき。死刑が最も確実ではあるけれども、樺太などの流刑地・監獄村でも可。
片端から銃殺かもしれないので、言うだけ野暮か?


1再発防止に目をえぐって指を切り落とす。喉を焼く。

2自殺する許可と苦痛の少ない毒薬(罪が軽い場合)

3残酷な刑罰による死(重罪・悪意の者)

4銃殺や斬首刑

5火炙りにする

6特設監獄キャンプで変死する

7奴隷として第三国(イスラム諸国やアフリカなどで厳格に扱って)で死ぬまで強制労働させる

8テレビ放送やインターネット番組で紹介しながら順序に殺す

9三人に一人をクジで選んで、自分たちの仲間内で殺させる。全員殺すべきところを三人に一人で許す。

10母国に対して「詐欺行為の損害賠償(実害と精神的苦痛)」を要求する。 

 

あとがき3 余命地蔵と佐藤一斎/補足に一言二言

 苛立ち紛れにもっとボロクソ書いてやろうかと思ったのだが、どのみち死刑や断罪・粛清が目前の連中にそんなことをしても、二度手間で無駄な労力な上にかえってシャレにすらならないだろう。
 この一連の落首を書いた自分(筆者)としては、あとは無事に恍惚と廃人して推移と顛末を見守りたい(健全・建設的にものを考えることすら二度と不可能、とっくに脳が壊れたw)。敵方(反日利権勢力)の度しがたさだけでなく、味方・国民同胞についても「なんだ、こいつら?」と愛想を尽かしている面もあったりするのが本心。
 特にプロ知識人の連中の大勢については心底に蔑み果てていたりする(江戸時代の学者・佐藤一斎の一冊でも読めば、今の彼らこそ形骸化・腐敗した悪しき知識層の典型だとわかるはず)。日本人大部分が一般的に「とても素直で信じやすくて謙虚で従順な性格で、協調性・正常性バイアスでロボトミーじみた優良な羊や、真面目で勤勉な良く出来た馬ロバ、生産性と物わかりの良い温厚有益なだけのアルパカと便宜主義の物わかりの宜しい豚ばかり」でなかったら、(知識人詐欺パヨク・無責任茶坊主の大軍は)とっくに行列で片っ端から「国民の怒り」で頭叩き割られてそう?(じきにそうなるだろうけれどもw) 
 普通の意味での人間的なまっとうさ・立派さ・美徳と知力・騙し合い・悪知恵や狡猾さとかの能力は「全く別次元の問題」だという素朴な真理の典型的事例(普通の人間がヤクザや組織犯罪者に勝てない理屈)。だが、いかに狼が羊の群れを相手に暴力無双していても、獰猛な大型猟犬・闘犬とか象やトリケラトプスが羊側で参戦して来たらそれでお終いだw

 それからついでに一言付言するなら、運営の手間と費用がかかる「余命神社」よりも、むしろ「余命地蔵」を作って靖国や各地の神宮・大社などに奉納・安置して貰った方が現実的であるように思われる。他に政治的アイデアで有効有益と思ったものは、これまでに余命(ミラーサイト)や安倍元首相などにメールもしてある。
 私としては「ここまで」。