月の月面砂漠【完結】


 

月の月面砂漠

生全てが牢獄だと悟った。退屈で単調な毎日は食べるための苦役より天国だ。何もかも捨てて旅に出たけれど行く先々で傷つき疲れた。解放区なんかどこにもない。肉体は牢獄だ。幻の解放区を探す虚しさに気づいて濃密な都会に逃げ戻った。そこに救いは不要だ。寿命という名の消化試合を静かにこなしたい。田舎の封鎖社会なら地産地消で経済が回るけど東京なんて人は多い。ほぼ輸入品みたいな感じで外国発の情報や物がどんどん入ってくる。地方からキャリーケースを引いた人々が朝からわんさか入ってくる。そんなごみ溜めを多様性の綺麗ごとで浚渫したって目新しさなんて何も出て来やしない。せいぜい使い古したパターンをマイルドに味付けして無垢な世代に突き付ける。元ネタが毒々しいから彼らにとって十二分に刺激的だ。そんなおためごかしに心を奪われ胸をときめかせて人生を簡単に変えてしまう若者たち。見ていられなくなってまた砂丘を歩く旅に出た。
そこで様々な出会いをする。そして人を愛する。そういう物語なのかもしれない。その都度に人はあの人になる。自分の身の回り起こす、その瞬間に「私が私でいられる機会」を求めてきた。それはどの世も似たり寄ったり。そういう世界があるだって。
ある物語。ある街の人々に愛されて。人々はそれを誰ひとり疑わない。人々はそうしてくれた、この瞬間だから生きなければならない。そういう世界がある。そういう人々で成り立つのだ、私たちは。
そんな彼らを、彼らの、私たちの物語を、見つけてみたいと思った。見つける事によって彼らとの繋がるこの街と、この世界が繋がる。そんな世界が広がってほしい、そういう願いを聞きながら、また別の街が現れる。新参者の私が。
いつか、いつか、誰かから愛されるものを見つけないといけない。そう思いながら私は私たちを見つけたらいい、そう思いながら歩いている。
いつか、いつか、誰かから愛されるものを見つけないといけない。そう思いながら私は私たちを見つけたらいい。私は私を、誰かを、認めなくちゃいけない。だから月の砂漠まで全財産はたいて来たのだ。月の月面砂漠には鶏が二羽いる。

月の砂漠で飼われていて、または人である。その鶏の数に驚きながら月が大きくなっている夜になると鳥たちはどうやら私たちを見つけてしまう。そういう風に思うと私は嬉しくなるが、しかし鶏たちには聞こえない。私には彼らを見つける権利がある。
そうして私は私を認めなくちゃいけないのだ。認めた私が彼らを見つける権利があるはずだから。
その日もまた私は砂の丘の上に立っている。そこで自分の愛した人たちが。あなたが彼らを認めて、認めなくては意味がないのですね。そうやってまた私という存在は彼らを認めて、認めなくては意味がないのですね?
「私はなぜか今自分を見つけたくてたまらないのだ…。」
私の名はアーニャ。私は私の愛した人たちから愛されて砂の丘へと降り立った。砂の丘の中で私は彼らを探していた。
「あなたが私の愛した人を見つけられたならば、私と彼らは繋がる事ができるのでしょうか?」
そういうものだと思いました。
「ああ、そうなるだろう。私は彼らのために生きるのだ。私を認めてくれるなら私に繋がっても文句はない。私を認めろ!!」
そう聞こえたとき、もうお別れと覚悟をもって、私は砂の丘を下った。そこで見つけた。これまでと違う世界の風景だと思った。それで私は驚いてしまった。私は私の愛した人となるために砂の丘へと降りたのだ。
「ようやく認めてくれると思ったわ。でももう少し時間がかかりそうね。」
「お前が私に愛した以上は認めるだろうが、私の愛したものからは何も告げられない。」
「でも私は知っているわ、あなたの愛情や存在というのは私の愛情じゃない。私の愛したものを与えてくれたのはあなたの愛情で、彼らの愛をもってあなたを愛さない事も、あなたがその行為に応じる事も否定するわ。あなたは私に与えられただけではなくあなたの愛を貰ったのよ。あなたより私はずっとあなたが欲しいみたいだし。」
「違う、お前が愛せるのは私じゃない。」
「私にはそんなつもりはないわ。あなたでは不満かもしれないけれど、あなたはもっと欲しかった。あなたが欲しかったのよ。そのためなら、あなたは私を求めている!」
まただ。また僕は何かを言い返していたのかもしれない。でも僕は気がつかなかった。砂の丘に降りたら、こんな風に優しい言葉をかけてくれる人がいたなんて。
「本当にあんたは、私には無理だと思うよ、それじゃあなたは私を愛さないっての。」
私はそう言って、そして泣いてしまった。
どうしてこんな事を言ったのか。なんで自分が一番言われたくないことなのだろう、そんなこと言われる前に泣いてしまったのだ。僕はまた、どうにも止められない涙を抑えることが出来なかった。
「泣くなよ。まだ、それは終わっていない、そんな時にいくら好きって言ってもあんな奴の何になるって言うんだ。」
「でも、言うべきでしょ?だって愛してるって。だから、あなたが好きって言ってよ。」
「いや、そんな事言われても。」
「それでもいいでしょ。ねえ、あなたは自分の思った事を素直に言って、それで私はそれが出来ない私の何になるっていうの?本当に、愛しているのに、それなのに。」
「そんな事を言えば、お前に何と言われるか分からない。」
「私だって好きで、だから愛しているのに、あなたはどうして?そう思ってしまって、」
「でもそれじゃお前は僕を愛してないだろ!」
「そうよ。あなたがそう思って、そう言ってくれなかったら私は他の誰かとあなたを抱き合ったこともないし、そういうところも私じゃないんだって言われてる。」
僕は涙が止まらなくなった。
私たちは一つとなり、愛していたのに。
誰かの為に僕はそう信じて裏切った。策略や陰謀や裏切りや打算が何だというのだ。愛憎には矛盾が付きものだろう。いや、おたがいが傷つけあわない愛なんてどこにあるのだ。地上にも宇宙空間にも月の裏にも表にもない。いや、月には裏と表がありなおかつ裏表を使い分ける達人だ。月は決して人類に背を見せることはない。
クマよけの鈴がお土産として喜ばれるように僕達には絵空ごとの危機をスーベニアで祓いわかったようなふりをする。だから僕は安心して思い切り嘘をつく。
君は綺麗だ。好きだ。噓つきは泥棒の始まりというけど、僕は君を欲しくもないのにうばいたい。