第参次世界大戰 巻ノ壱


 

❑プロローグ

第二次世界大戦が大日本帝国の敗戦で終わる約一週間前

大日本帝国海軍は沈没した大和型戦艦2隻に代わる新たな"超弩級潜水母艦を建造した_______。

 

 

❑就任

「神楽坂大佐」

「はい」

今日、神楽坂 零 帝国海軍大佐は海軍本部に呼ばれていた。

何やら急用らしい。

「何の御用でしょうか」

しかし、私を呼んだ理由は大概想像がつく。

「久しぶりだな。少佐に昇進して以来か?」

・・・。

「そんなことを伝えるために私を呼んだわけではないのでしょう?」

「ああ、そうだそうだ、そうだった!にゃははははは!☆」

というと私をここに呼んだ張本人、坂東 要 少将は頭に手を当て奇妙な笑い声を出した。

一部軍人の間ではこの珍しい女軍人を嫌う人もいる。

が、中には特別な目で一目置いている軍人もいた。

私には理解できんが(逆に殺意すら覚える)。

全くこの人はッ...!

零は心の底から呆れた。「急用だ」とわざわざ横須賀から呉に呼んだのはそちらだというのに。

まあ、腐ってもこの人は少将だ。そんな愚痴を吐くわけにもいかない。

しかし、急に坂東少将は神妙な面持ちに変わった。

「本題に入ろう。今日大佐に来てもらったのはほかでもない」

「はい」

「例の"超弩級潜水母艦"あれについてだが、建造が完了した。これより君を艦長に任命する」

「...は?今なんと?」

「だーかーらー。新しい潜水艦の艦長にするっつってんの」

今度は坂東少将が呆れた顔をして言った。

「い、いやまあ"例の計画"については参加すると申しましたけれども、

艦長就任は聞いておりませんし」

「しかし君は潜水艦戦の経験が豊富だ。過去に大量の駆逐艦を撃沈してる。

この記録は今までどの軍人にも破られていない。

無論、アメリカ海軍人にもだ。私は君の技術を信頼しているのだよ」

少将はいやらしい目でこちらを見つめてきた(若干寒気がする)。

「大丈夫だ。君は指示をするだけ。他のことは航海長と兵装長に任せばいい」

少将は指を振り振り、説明した。

「簡単に言ってくれますが潜水艦は複雑故に扱いも非常に難しい」

「ンなこたぁ分かっとるよ。安心しな。航海長と兵装長は私が雇った」

そうだ、この人、人事だけはうまいんだよなあ。

「了解しました。少将が雇用されたのなら安心です。謹んでお受けします」

「ん」

坂東は適当な返事をした。

「早速ですが、彼らの経歴について知りたいのですが...」

「おう」

と言うと、少将はぺらっぺらの紙を2枚放り投げた。

「これだけ?」

普通だったら 15枚は超えるぞ。

「これだけ」

そうだった。この人、 普通じゃなかった んだ。


 

 

❑出港

通常では甲高い喇叭の音と共に港を離れていくのだが、今回は機密保持のため、

喇叭の演奏は中止であった。

沢山の士官が私たちを見守っていく。

中には手を振っている者もいた。

我々は大日本帝国にとって、最後の頼みの綱だからな。

零の気持ちは一層高まった。






しかし、坂東が零を艦長に任命したのは他の目的があるということを、

大日本帝国政府はこれから知ることになる。

                             (巻ノ壱終ワリ。巻ノ弐二続ク...)